四波羅蜜菩薩

しはらみつぼさつ

地域・カテゴリ

説明

密教において、金剛界曼荼羅で大日如来の前後左右に配される女形の4尊の菩薩。大日如来の傍で侍女の役を務め、四仏を出生する役目を担う。或いは四仏の女性的部分の独立として生じ、十六菩薩を出生するとも解される。いずれにしても大日如来の生じる力、生み出す力を神格化したものと考えられる。

この項目に関する表

四波羅蜜菩薩
方位 名称 出生する如来

東方(下)

金剛波羅蜜菩薩

阿閦如来

南方(右)

宝波羅蜜菩薩

宝生如来

西方(上)

法波羅蜜菩薩

無量寿如来

北方(左)

業波羅蜜菩薩

不空成就如来

キーワード

この項目のリッチレイアウト

四波羅蜜菩薩

ソーシャルリンク