セト

Set, Seth

地域・カテゴリ

説明

エジプトにおける悪神で争いと渾沌をもたらす神。「ステク(Sutekh)」とも呼ばれる。エジプトの他の神によく見られるように獣頭神で、黒豚やカバ、ワニの頭を持っているとされることもあるが、本来セトの頭についている動物は謎とされており、普通「セトの動物」と表現される。その形は犬や狐のようだが鼻の部分は鳥のクチバシのように長くなっており、耳は角張っている。

もともと夜の闇を支配する戦闘の神であり、太陽神レーが天空を航海する時はセトが船の先頭にたってアポピスと戦ったという。ゲブヌートの間に生まれた神で、オシリスイシスの弟であり、ネフティスは双子の妹でかつ妻である。兄オシリスの持つエジプト王位を奪うためにオシリスを騙して箱に詰め、ナイル川に投げ捨てたが、イシスがそれを見つけオシリスを隠匿した。それに見つけたセトはオシリスの遺体を14に分けエジプト各地にばらまいてしまう。結局オシリスはイシスの尽力により蘇った。それからセトの悪意の矛先はオシリスの息子であるホルスに向けられたが、ホルスはセトを打ち負かしてしまった。若いホルスがセトを圧倒できたのはオシリスが時々冥界から戻ってはホルスに戦いの仕方を教えていたからであるとされる。その後セトはホルスと神々の王権を争ったが、オシリスの口添えもありホルスが王権を勝ち取った。しかしセトの強大な力を恐れた神々はネイトの提案によりアナトアスタルテを妻として与え彼を慰めたという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

セト

ソーシャルリンク