セック

Thökk

地域・カテゴリ

説明

或いは「ソック」。北欧神話に登場する巨大な老婆の姿をした女巨人。ロキの姦計によって愛すべき神バルドルが死を遂げたとき、バルドルの兄であるヘルモズは冥府「ニブルヘイム」に赴き、危険な旅を完遂して冥府の女王ヘルに会いに行った。ヘルにバルドルを返してくれるよう交渉するためである。その結果ヘルは「地上の全てのものがバルドルの死を嘆くなら」生き返らせてもいいと応じた。アサ神族は勿論のこと、人間や全ての動物、木々、敵対するべきヨツン族やでさえバルドルの死を悲しんだ。しかし一人だけバルドルを全く悼まず、何の哀れみも見せない者がいた。それがセックである。この為バルドルは生き返ることができなかったが、実はセックは変幻自在の神ロキが化けた姿であったとする伝承もある。

この項目のリッチレイアウト

セック

ソーシャルリンク