サリエル

Sariel

地域・カテゴリ

説明

旧約聖書外典「第1エノク書」などに登場する天使。終末に7つのラッパを吹き鳴らす七天使のうち、特定されていない3人の候補の一人とされる。「スリエル(Suriel)」、「ゼラキエル(Zerachiel)」、「サラキエル(Sarakiel)」などの別称を持ち、名前は「神の命令」を意味する。人間が過ちを犯さないように監視するという役目を担っており、鍵で象徴される。しかし、月の運行に関する知識を人間に漏らした堕天使だともされている。また月に関連して「邪視」、「邪眼」に関連のある天使ともされる。時にウリエルと同一視される。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 12天使
    • 著者:真野隆也
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 13天使辞典 (原題:A Dictionary of Angels -including the fallen angels-)
    • 著者:Gustav Davidson(グスタフ=デイヴィッドスン)
    • 発行者:矢部敬一
    • 発行所:株式会社創元社

この項目のリッチレイアウト

サリエル

ソーシャルリンク