珊底羅大将(さんちらたいしょう)

Śaṇḍila Mahā-senāpati

地域・カテゴリ

説明

仏教において夜叉の頭領の一人であり、薬師如来の眷属である十二神将の一人。「さんていら」とも読む。サンスクリット名を「シャンディラ・マハーセーナーパティ(Śaṇḍila Mahā-senāpati)」といい、「素藍羅(そらんら)」とも訳される。虚空蔵菩薩を本地とし十二支のうち巳ないし午の神とされる。

画像一覧

珊底羅大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

赤色の身色で天衣と甲冑を身に着け忿怒形。頭上に蛇首を戴き左手に独鈷戟を持ち、右手は拳にして腰に当てる。

珊底羅大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

午冠を戴き右手に三股戟、左手に螺貝を持つ。

キーワード

参考文献

  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

珊底羅大将(さんちらたいしょう)

ソーシャルリンク