三十三観音

さんじゅうさんかんのん

地域・カテゴリ

説明

日本仏教において、観音菩薩が姿を変えて人々を救済するという「三十三応現身」にちなんで、各種の観音を集めたもの。中国由来のもの、インド由来のもの、日本独自のものなどを含んでいる。

この項目に関する表

《三十三観音各尊の名称と尊容など》
名称 尊容など

01: 楊柳観音

右手に楊柳(ヤナギ)の枝を持つかまたは座右の花瓶にこれを挿す。衆病を消除することを本願とする。

02: 龍頭観音

雲中の竜の背に乗る。

03: 持経観音

岩に座し手に経を持つ。

04: 円光観音

岩に座し合唱する。

05: 遊戯観音

雲上に左膝を立てて座す。

06: 白衣観音

白蓮華上に座し白衣を纏い左手に蓮華を持つ。パーンデュラーシンチュ。

07: 蓮臥観音

池に咲く蓮の上に座し合掌する。

08: 滝見観音

岩の上に座し滝を見ている姿。

09: 施薬観音

岩の断崖に座し右手を頬に当て蓮を見る。

10: 魚籃観音

手に魚篭(びく)を持つか大魚に乗る。羅刹や毒竜の害を除く。

11: 徳王観音

岩に座し緑の葉枝を持つ。

12: 水月観音

水辺の岩上に座し、手に楊柳と瓶を持つ。或いは水上の蓮華に立ち月を見る。官位や財宝、旅行中の安全を護る。

13: 一葉観音

水上の蓮華に左膝を立てて座す。

14: 青頸観音

岩に座し右手を膝に立てる。

15: 威徳観音

蓮華を持ち岩に座し水面を見る。

16: 延命観音

岩に肘をつき座す。或いは二十臂を有し宝冠に仏身を頂き蓮花に座す。呪詛と毒薬を除き寿命を延ばす。

17: 衆宝観音

右手を地に付け左手を立てた左膝の上に置く。

18: 岩戸観音

毒蛇の住む岩戸に座す。

19: 能静観音

海辺の岩に座し両手を岩に当てる。

20: 阿耨観音

岩に座し滝ないし海を見る。水難を除く。

21: 阿摩提観音

白い獅子に乗り手に摩竭魚・吉祥鳥を持つ。

22: 葉衣観音

帝釈身(勇敢な姿)で岩に座す。

23: 瑠璃観音

水上の蓮葉上に座し右手に瑠璃の香炉、左手に蓮花を持つ。

24: 多羅尊観音

雲の上に立つ。ターラー。

25: 蛤蜊観音

蛤の前に座す。

26: 六時観音

居士身で梵篋を持つ。

27: 普悲観音

両手を袂に隠し山上に立つ。

28: 馬郎婦観音

婦女の姿で法華経と頭蓋骨を持つ。

29: 合掌観音

蓮華の上に立ち合掌する。

30: 一如観音

雲に乗り雷を制す。

31: 不二観音

執金剛身で水上の蓮華に立つ。

32: 持蓮観音

茎のついた蓮華を持ち立つ。

33: 灑水観音

右手に散杖、左手に灑水器持ち立つ

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

三十三観音

ソーシャルリンク