逆柱

さかばしら

地域・カテゴリ

説明

日本における怪異ないし怪異の原因のひとつ。家を建てるときに柱を上下逆に立てることで、不吉だとされ忌まれた。逆柱のある家は不幸が訪れたり、家鳴がおこったりするという。しかし、例外として、あまりにも立派な建物の場合は、建物の柱のうち一本だけ逆柱にしたほうがいいとされている(いつまでも未完成にしておくことで崩壊を防ぐまじない)。日光陽明門がその一つとして有名である。

この項目のリッチレイアウト

逆柱

ソーシャルリンク