サーガ

Sága

地域・カテゴリ

説明

北欧神話において、アサ神族に属する女神。名前は「巫女」、「聖なる詩」を意味する。アスガルズ(アサ神族の住む国)の王妃フリッグに次ぐ上位の女神といわれている。主な神話には名前しか登場にないものの、古代北欧の詩にはしばしばその名前が見える。サーガの住む館は「セックヴァベック(「沈む床」の意)」といい、この館は水底にあり屋根の上では波が騒いでいるとされる。主神オーディンはこの館に頻繁に訪れ、サーガとともに黄金の杯で酒を飲むことを楽しみにしていたという。

サーガはフリッグの一側面が神格化した存在であるとも考えられる。オーディンとフリッグの仲は険悪なものではないが、知恵や権力において二人はほぼ対等であるため、常に軽い緊張と対立が見られる。サーガはフリッグの(オーディンと対立しない)陽性の側面が、「理想の伴侶」として独立した存在なのかもしれない。

この項目のリッチレイアウト

サーガ

ソーシャルリンク