リョースアールヴ

Liosálf, Ljósáaf

地域・カテゴリ

説明

北欧神話に登場する妖精の一種。複数形では「リョースアールヴァル(Liosálfar, Ljósáafar)」。ユミルが殺されその肉体が大地になったとき、そこから湧いたうじ虫を元にデックアールヴと共に作られた。デックアールヴが地下や闇と結びついているのに対して、リョースアールヴは空や光と結びついており、「太陽より白い」と称される。九つある世界の第三層「リョースアールヴァヘイム(Ljósáafheimr)」(単に「アールヴァヘイム(Álfaheimr)」、「アールヴヘイム(Álfheim)」、あるいは「ギムレー(Gimlé)」ともいう)で暮らしている。リョースアールヴ達は豊穣神フレイによって率いられているとされる。リョースアールヴは幸運の象徴として柱などに刻まれることもあった。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

リョースアールヴ

ソーシャルリンク