ルドラ

Rudra

地域・カテゴリ

説明

「リグ・ヴェーダ」に登場する暴風神で、シヴァの前身。名前は「ほえるもの」、ないし「赤きもの」を意味する。モンスーンが神格化された存在であるルドラは、火神アグニの破壊的な側面と結びついていく。ヒンドゥー教の聖典集である「プラーナ」によれば、ルドラは怒ったブラフマーの額から生まれ出たという。ルドラは病の矢を神々や人間や動物に放ったが、その医薬の力によって、多くの人々に健康と恵みを与えた。

プラジャーパティが暁の女神ウシャスと近親相姦の関係になったとき、ルドラはプラジャーパティに向かって矢を放とうとしたが、プラジャーパティはルドラを動物の王にすると約束したのでプラジャーパティは助かった。ルドラは牡牛の姿で描かれ、次第に、シヴァの破壊的側面をあらわす暗黒の神として見られるようになる。またルドラはインドラの仲間であるマルト神群の父とみなされる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ルドラ

ソーシャルリンク