ルー

Lugh

地域・カテゴリ

説明

ケルト神話における太陽神。「ルー」という名はアイルランド語で、ウェールズ語では「レイ(Lleu)」、フランスでは「ルゴス(Lugos)」として知られている。しばしば「長い腕の」という二つ名をつけて呼ばれる。邪眼のバロールの一人娘エフネと、治癒の神ディアンケトの息子キアンとの間にできた子で、元々は海を支配するフォモール族に属していた。バロールは孫によって自分が殺されると予言されていたため孫であるルーを殺そうとしたが、キアンの兄弟であるマナナン・マクリルゴヴァノンによって守られながら、ルーは無事に育った。ルーは一人前になるとフォモール族を抜け、敵であるトゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)側についた。戦士としての武勇を認められ、ヌァザから族長の座を継いだルーは祖父バロールを殺し、フォモール族を撃破した。

ルーは誰よりも秀でた能力のようなものを持っていなかったが、全ての能力において優れていて欠点がなかったとされている。彼の持つ輝く槍は敵を見つけるとひとりでに飛んでいき相手を倒すという。またバロールを倒した一撃はバロールの邪眼の魔力が届かない距離からの投石器による攻撃だった。ルーが「長い腕(ラムズハザ)のルー」と呼ばれたのはこういったことに所以している。また技芸と職人の神ともされ、「グイズブル(フィズヘルとも)」と呼ばれるボードゲームを発明し、得意としていたとされている。

アイルランド語で妖精を指す「ルホルパン(Luchorpain)」という言葉は「小さな腰の曲がったルー」という意味で、ルーの名称を語源としている。またルホルパンという語はレプラホーンの語源でもある。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

ルー

ソーシャルリンク