ロキ

Loki

地域・カテゴリ

説明

北欧神話において、神々に敵対する巨人(ヨツン)族の一人でありながらもオーディンの義兄弟で、アサ神族の一柱に数えられている特質な存在(容姿が美しく神々と生活を共にしたためだといわれる)。「ロフト(Lopt)」とも呼ばれる。ファールバウティとラウフェイの子で、アンゲルボダとの間に巨狼フェンリル、世界蛇ミズガルズオルム、死の女王ヘルを、シギュンとの間にヴァーリナルヴィをもうけている。気まぐれな性格で、その知恵と姦計によって神々に宝物をもたらしたり危機を救ったりするが、大抵の場合は神々を困難に陥れたり、冗談ではすまない悪戯をしたりする。ロキにはなんにでも変身できる能力があり、牝馬に変身してオーディンの愛馬である八本脚のスレイプニルを生んだ。バルドルが死んだときにはセックという老婆に化けてバルドルの復活を阻止したことがある。ロキは次第に邪悪さを増し、無視できなくなったアサ神族の神達は彼を拘禁し岩に縛りつけた。ロキの上には毒蛇が縛りつけられ、毒蛇の口から滴る毒は止むことなく彼を苦しめた。妻であるシギュンはロキの苦しみを幾ばくかでも減らそうと、献身的に毒を器で受け止め続けたが、器がいっぱいになり、それをシギュンが捨てに行く間、ロキはまともに毒を浴び苦痛に身悶えることとなった。この時の身悶えが地震になるとヴァイキングたちは考えた。ラグナロク(終末戦争)では神々を裏切り巨人側につき、ヘイムダルと相討ちになるという。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

ロキ

ソーシャルリンク