レルチクマ

Ral gcig ma, Relchikma

地域・カテゴリ

説明

チベット仏教におけるチョキョン(=護法神=ダルマパーラ)の一人。ラークシャシーの一種でサハスラブジャ(→千手観音) の眷属とされる、「エーカジャター(Ekajatā)」ないし「エーカジャティー(Ekajatī)」のチベットでの呼び名(漢名では一髻羅刹)。 名前は「髻が一つの母」といった意味でエーカジャターの意味訳となっている。またサンスクリットの音写で「エカ・ツァティ(E ka dza ti, Eka dzati)」と呼ばれたり、「レルパ・チクマ(Ral pa gcig ma, Relpa chikma)」、「ンガクスンマ(sNgags srung ma, Ngaksungma="護呪母"の意)」、「マモ(Ma mo, mamo="魔女"の意)」などの名前でも呼ばれる。

ニンマ派ではサチェン・ラーフラタムチェン・ドルジェレクとともに「マサタム・スム」と呼ばれ、宗門の三大護法神としてタンカの下部に三尊で描かれることが多い。黒褐色の身色で一面二臂 の忿怒相、口の真ん中から下向きに一本の牙をむき出し、人間の死体の上に立ち、左手に仏敵の心臓、右手に死体を串刺しにした杖ないしカトヴァーンガ(髑髏 杖)を持つ。また名前の通り一本の髻が頭上から逆立ち、三目のうち額の目だけが開いており、あとの二目は閉じている。さらに乳房も真ん中に一つしかないと いう特異な姿で描かれることが多い。

眷属として四方に「ロサ・シャーンティ=青黒色・東」、「メロン・ドン=黄色・南」、「マチャイ・ディンチェン=赤色・西」、「ツクナ・メバル(gTsug na me 'bar, Tsukna membar)=緑色・北」の4人の眷属を伴うともあるが実際の作例ではしばしば省略される。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

レルチクマ

ソーシャルリンク