ラウム

Raum

地域・カテゴリ

説明

17世紀の魔術書(グリモア)の「レメゲトン」の第一部「ゴエティア」に記されるソロモン王に封印された72柱の魔神の一人(→"ソロモンの霊")。「ライム(Raim,Raym)」とも呼ばれる。召喚者の前に黒い鳥ないしカラスの姿で現われるとされ、男女を結びつける力、敵対する者達を和解させる力を持ち盗んできた黄金や未来の知識を召還者に授けるとされる。またラウムの職務は町を破壊し人間の尊厳を貶めることにあるとされる。それに応じた破壊の力や人間の地位や名声を失墜させる力も持っている。コラン・ド・プランシー著「地獄の辞典」には人、猫、毒蛇の3つの頭を持つ鳥の姿で現われる、30の軍団を率いる冥界の大伯爵であると記されている。

画像一覧

ラウムのシジル(紋章)

「The lesser key of Solomon, Goetia : the book of evil spirits」より
大英博物館(British Museum)蔵Copyright : pubric domain

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ラウム

ソーシャルリンク