ラークシャサ

Rakshasa, Rākṣasa

地域・カテゴリ

説明

ヒンドゥー教において悪鬼で半神とされる一群のこと。女のラークシャサラークシャシーと呼ばれる。身内には親切で忠実だが、仲間以外には貪欲で好色で凶暴な面を見せるという。ブラフマーの足から生まれたとも、聖仙カシュヤパの子孫だとも言われ、ヴィシュヴァカルマンの作った荘厳な都市にすんでいる。無害であるヤクシャもラークシャサに含まれるが、多くは神々の敵とされる。仏教においては漢訳で「羅刹(らせつ)」と称される。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

ラークシャサ

ソーシャルリンク