雒嬪(らくひん)

Luò-pín

地域・カテゴリ

説明

中国神話における女神の一。洛水(黄河に注ぐ河の一つ)と伊川(いせん)が合流する辺りに住んでいた洛水の女神で、「洛神(らくしん)」、「宓妃(ふっぴ)」とも呼ばれる。伏羲の娘であり洛水を渡っているときに溺れ死に、洛水の女神になったと言われる。洛水の神になった雒嬪は黄河の神である河伯と結婚した。ここに太陽を射落としたことで有名な弓の名人ゲイがやってきて、河伯を弓で射て雒嬪を奪って結婚したという伝説がある。美しい女性だったとされており、数多くの詩人たちに歌われている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

雒嬪(らくひん)

ソーシャルリンク