プラジャーパティ

Prajapti

地域・カテゴリ

説明

古代インド神話における造物主たる神。ヒンドゥー教の叙事詩「マハーバーラタ」においては生殖器官の守護神とされる。自らの力でデーヴァとアスラを産みだした。自らの娘であるウシャスと交わり、その子孫達が人間になったという。また別の神話ではプラジャーパティの涙が水の中に落ちて大地となり、拭った涙が空と空気になり、それから夜と昼、四季、死を作り、その後自分の孤独を紛らわすために人間を作ったとされる。「ブラーフマナ」でブラフマーと同一視される。また人間の始祖とされている10人の聖者や7人の聖仙ないし見者を指してプラジャーパティと呼ぶこともある。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

プラジャーパティ

ソーシャルリンク