大土神

おおつちのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に言及される神で、大年神天知迦流美豆比売の間に生まれた子神の一柱。「土之御祖神(つちのみおやのかみ)」、「大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)」などの名でも呼ばれる。名前の通り大地、特に田地を守護する神とされ、猨田毘古神と同一視されることもある。豊受大神宮の別宮である「土宮(つちのみや)」の主祭神であるほか、田畑の神として稲荷系の神社に祀られることがある。

この項目のリッチレイアウト

大土神

ソーシャルリンク