大禍津日神

おおまがつひのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話における災厄を司る女神。黄泉の国から帰ってきた伊邪那岐命が、黄泉の穢れを洗い落とすために禊をしたときに男神八十禍津日神とともに生まれた穢れの神。「大禍津日神」は古事記の表記で、日本書紀では「枉津日神(まがつひのかみ)」、「大綾津日神(おおあやつひのかみ)」と表記される。また「瀬織津姫神(せおりつひめのかみ)」とも呼ばれる。「吉凶」の「凶」を司る二神であり、その後すぐ生まれた、神直毘神大直毘神と対応している。この二神は一方的に災厄をもたらす神ではなく、正しく祀れば災厄を祓うことができるとされる。

この項目のリッチレイアウト

大禍津日神

ソーシャルリンク