オキク

地域・カテゴリ

説明

アイヌの神謡において火や数多くの道具、そしてカムイたちとの交流において大切とされるイナウ(御幣)などを伝えたとされる文化英雄神的カムイ。普通カムイは、カムイモシ(カムイの世界)においては普通の人間と同じ姿で生活し、アイヌモシ(人間界)においては動物や植物・道具といった姿(衣装)を身に付け、顕現体としての姿になるが、オキクはアイヌモシにおいても人間の姿で行動する。「アイヌラック」という名前で謡われる時もあるが、アイヌラックは元々別のカムイであったものが同一化されたものらしく、両者は出自も異なる。アイヌ人は明確に統一された神話を持たなかったため、オキクミは神話にいたるところに様々な性格で登場する。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

オキク

ソーシャルリンク