ニョルズ

Njord, Njörðr

地域・カテゴリ

説明

北欧神話における海神。ヴァナ神族の一員であり、フレイ及びフレイヤの父親。海と航海の神であるとともに富や幸運を授ける豊穣の神とされている。ヴァナ神族がもう一つの神族であるアサ神族と友好協定を結んだ折、ニョルズはフレイ、フレイヤとともにアサ神族の国「アスガルズ」に移り住むことになったが、ニョルズの妻で二人の親であるネルトゥスは入国を拒まれた。なぜかというとネルトゥスはニョルズの妻であるとともに実の妹であり、アサ神族では兄弟姉妹との結婚は禁忌であったからだ。

ネルトゥスと別れたニョルズはギュグル(女巨人)のスカジと再婚したが、二人はどこに住むかで揉めた。「ヨツンヘイム(巨人の国)」にあるスカジの家はニョルズにはあまりにも寒々しく思えたし、アスガルズにあるニョルズの館「ノアトゥン」はスカジにとって騒々しい場所であり好きになれなかった。結局二人は離れた住むことになった。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ニョルズ

ソーシャルリンク