女宮(にょぐう)

Kanyā

地域・カテゴリ

説明

密教の宿曜道における十二宮の一つ。サンスクリット名を「カニヤー(Kanyā)」といい、少女を意味することから女宮、「室女宮(しつにょぐう)」、「天女神主(てんにょじんしゅ)」、「童女宮(どうにょぐう)」、「小女宮(しょうにょぐう)」と訳すほか、音から「迦若(かにゃ)」とも呼ばれる。西洋占星術における乙女座にあたり、期間としては白露から秋分に至るまで(8月から9月にかけて)を指す。また二十七宿の翼宿軫宿角宿にあたる。妻や婦人を司るとされ、胎蔵界曼荼羅では北方(左側)に少女の姿(場合によっては二人)で描かれる。

種字は「हूं(hūṃ)」、「क(ka)」、真言は「唵迦惹波多曳莎呵(おんかじゃはたえいそわか)」。

画像一覧

女宮

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

女宮(にょぐう)

ソーシャルリンク