塗壁

ぬりかべ

地域・カテゴリ

説明

日本の妖怪で、福岡県遠賀郡の海岸近くの夜道などに出現する。暗い道を一人で歩いている時に、通りを塞ぐように壁のようなものが出現する。これが塗壁で、壁の横などを通ろうとしても壁は何処までも続いていて前へは進めないという。因みに手足は顔などはついていない。塗壁に遭ったときは落ち着いて壁の下の部分を棒でつつくを消えると言う。

化け物絵巻には同じく「ぬりかべ」という名前の妖怪画が見られるが、こちらは三つ目の白い犬の様な姿をしており、伝承の塗壁とは異なる姿をしているため、関連性を疑問視されている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

塗壁

ソーシャルリンク