ぬっぺ坊

ぬっぺぼう

地域・カテゴリ

説明

日本の妖怪の一種。鳥山石燕の「画図百鬼夜行」に紹介されている。また江戸後期の国学者であった喜多村信節の著書にもその名が見えるが、いずれにしても絵と名前のみでどのような妖怪かは不明。大きな肉の塊に足がついたような化け物で目や口や頭はなく、また腕もない。が、その体の前面は、そこに顔があるかのように肉が垂れている。絵の背景に寺のような建物がかかれていることから、廃寺から現われて街を歩き回りまた消えるとか、その外見から死肉のような腐った匂いを放つなどに後世に想像されたようである。

この項目のリッチレイアウト

ぬっぺ坊

ソーシャルリンク