庭津日神

にわつひのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に言及される神で、大年神天知迦流美豆比売の間に生まれた子神の一柱。神名の「火」あるいは「霊」の変化で庭燎(にわび=宮中の庭で焚かれたかがり火)の神、あるいは庭園ないし家庭の守護神ではないかと思われる。愛知県津島市にある津島神社の境内末社である「庭津日社」、 東京都あきる野市にある「阿伎留神社(あきるじんじゃ)」の境内末社である「庭津日神社」などに祀られる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

庭津日神

ソーシャルリンク