庭高津日神

にわたかつひのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に言及される神で、大年神天知迦流美豆比売の間に生まれた子神の一柱。「先代旧事本紀」には「須庭高津日神(すにわたかつひのかみ)」という別名が記されている。おそらく兄弟である庭津日神と同じく庭そのものか、庭燎(にわび)を司る神ではないかと考えられる。愛知県津島市にある津島神社の境内末社である「船付社」などで祀られる。

この項目のリッチレイアウト

庭高津日神

ソーシャルリンク