ニヌルタ

Ninurta

地域・カテゴリ

説明

メソポタミアの戦いや灌漑を司る神。「ニンギルス(Ningirsu)」とも呼ばれる。ニヌルタは好戦的な性格なので、反発する大軍勢が立ち上がった。岩や石を含めて、自然の全てが戦いに加わった。ニヌルタは苦も無く敵を圧倒した。ニヌルタは自分に味方した石たちに輝きを与えることで報いた。これに対して敵対した石は、足の下で踏みつけられるがままにした。

別の物語では嵐の鳥ズーから運命の銘板「トゥプシマティ」をもらう(或いは奪い返す)。ニヌルタはエンリルニンフルサグの息子で、癒しの女神グーラの夫だとする説もある。初期のシュメールの物語では、ニヌルタは嵐の鳥イムドゥグドの姿をしていると述べられていたが、次第に人間の姿になった。しかし、翼を持っているように描かれるのが普通で、更に戦場には、ライオンの頭を持った嵐の鳥の姿であらわれるのであった。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ニヌルタ

ソーシャルリンク