ニンフルサグ

Ninhursag

地域・カテゴリ

説明

シュメール神話の地母神。名前とは「山の奥方」と言った意味を持つ。水の神エアエンキ)と交わって、植物の神ニンサル女神(またはニンム)を産んだ。エアはニンサルと交わってニンクラ女神をもうけ、更にニンクラとも交わってウッツ女神を産ませた。エアがこのウッツとも交合ようとすると、ニンフルサグは彼女に、エアの愛を受け入れる代わりに、きゅうり、林檎、ブドウを生じさせる事を要求させ、エアはその要求をのみ精液から8種類の食物は生え出させた。ところが、エアはこの植物に名前すら与えないうちに食べてしまったので、怒ったニンフルサグはエアを重い病気にかからせた。しかしエアの死を恐れる他の神々の取り計らいによって、ニンフルサグは、エアを彼女に膣のそばに坐らせておいて、次々に8柱の治癒神を生み出し、彼の病気を治したという。また他の伝承では一度エアを自分の子宮に取り込み、生みなおすことで病気を治したとされる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ニンフルサグ

ソーシャルリンク