肉人

にくじん

地域・カテゴリ

説明

日本で江戸時代に出現したとされる正体不明の怪物。慶長14年(1609)に徳川家康の居城である駿府城の庭に出現したという。身体は丸く、足も手も丸く指がなく、頭もない肉の塊のような生物で、その指のない手で天を指していたという。あまりにも不気味なので家臣達は騒ぎ立ててこれを追い回し、城から離れた山に追い払ってしまった。後にある学者がこれは中国にもいる怪物で、この肉は食べれば力持ちになれる優れた薬になると説明したという。

この項目のリッチレイアウト

肉人

ソーシャルリンク