ネヘブカウ

Nehebukau

地域・カテゴリ

説明

エジプト神話において数多く存在する冥界に関係する神の一人。セルケトの夫として知られる。元々は冥界に住む怪物であったが、後に死者に食糧を与える冥界における恵みの神ともされた。ある伝承によればネヘブカウは元々人間の姿だったが、巨大蛇アポピスの体の一部を飲み込んだことによって蛇の頭とサソリの尾を持つ姿に変わってしまったのだという。醜い姿を疎まれ冥界の門番にされてしまったネヘブカウだったが、そうして得た彼の毒は逆に蛇やサソリに刺された人間を癒したという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ネヘブカウ

ソーシャルリンク