中津綿津見神

なかつわたつみのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する海の神。「中津綿津見神」は古事記での表記で、日本書紀では「中津少童命(なかつわたつみのみこと)」の名で記されている。底津綿津見神上津綿津見神とともに「綿津見三神」と称される。伊邪那岐命が黄泉国から逃げ帰り、禊祓(みそぎばらい)を行ったとき、海底で見をすすいだとき底津綿津見神が、中ほどですすいだとき中津綿津見神が、水面ですすいでとき上津綿津見神が生じたという。この綿津見三神は「宇都志日金拆命(うつしひがなさくのみこと)」という子神を産み、この神の子孫が安曇氏となったという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

中津綿津見神

ソーシャルリンク