ナアマ

Naamah, Naamah', Na’amah

地域・カテゴリ

説明

カバラや悪魔学における天使ないし堕天使、または淫魔。名前は「喜ばせるもの」ないし「隠所」を意味する。「マアマ(Maamah)」、「ナヘマ(Nahemah)」とも呼ばれる。創世記においてナアマは人間でトバル=カインの姉として登場するが、カバラにおいては娼婦ないし売春の四天使の一人であり、サマエルの妻の一人ともされる。神の息子である「アザ(Azza)=シェミハザ」および「アザエル(Azael)=アザゼル」を堕落させたという。「悪魔たちの母」と称され、「シャムダン(Shamdan)」との間にアスモデウスを生んだ。 絶世の美しさを誇り、また夜の世界の者であり、月の力が弱い日の夜には最大の力を発揮するという。ナアマの美は人間だけでなく悪魔や霊をも魅惑するものであるという。グリモアにおいてナアマは8人のアーク・シーデーモン(大女悪魔)の一人とされる。

この項目のリッチレイアウト

ナアマ

ソーシャルリンク