ムシュフシュ

Mušḫuššu, Mushhusu, Mushussu, Mushus

地域・カテゴリ

説明

古代バビロニアの天地創造神話に登場する怪物。鱗に覆われた馬のような胴体に蛇の頭と二本の角を持ち、前脚はライオン、後脚は鷲のもので、背中に翼があり、尾は蛇になっている。マルドゥークと敵対したティアマトが動員する11匹の怪物の一つだったが、闘争終結後も生き残り神々に使えることになった。例えばニンアズティシュパク、マルドゥークやその息子ナブの配下とされたり、ニンギシュジダの神殿を守るとされたり、といった具合である。神々の乗り物として使役されることになったムシュフシュはその後怪物というより災厄を遠ざける番人、守り神として信仰されるようになった。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ムシュフシュ

ソーシャルリンク