無支祁(むしき)

Wúzhīqí

地域・カテゴリ

説明

中国神話における川の神(→河伯)の一人で淮水(現在の淮河)を支配する神または水怪。「淮渦神(わいかしん)」とも呼ばれる。白い首、白い牙、金色の目を持つ黒い体色の猿に似た姿をしており、背丈が五丈(=約15m)もあり、首が自由自在に伸び縮みするという。9頭の象を負かすほど(或いは50頭の牛を一度に引っ張ることができるほど)の怪力で、一方で頭もよく、人語を解し、黄河や淮水の深さ、原野や沼沢の位置を知る。

伝説によれば、夏王朝の始祖神である禹は治水のために部下の庚辰(こうしん)に命じて無支祁を捕らえさせた。紆余曲折の末、無支祁は捕らえられ、亀山の麓に鎖でつながれることになった。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

無支祁(むしき)

ソーシャルリンク