網明菩薩(もうみょうぼさつ)

Jālinīprabha

地域・カテゴリ

説明

仏教において賢劫十六大菩薩の一尊でありまた文殊八大童子の一人とされる仏尊。サンスクリット名を「ジャーリニープラバ(Jālinīprabha)」ないし「プラバ・ジャーラ(Prabha-jāla)」といい、ジャーリンやジャーラは「網状」や「網」、プラバは「輝き」を意味することから「網明菩薩」、「明網菩薩(みょうもうぼさつ)」、「網光菩薩(もうこうぼさつ)」、「光網菩薩(こうもうぼさつ)」、「網明童子菩薩(もうみょうどうじぼさつ)」、「光網童子(こうもうどうじ)」などの名前で呼ばれる。また音写では「惹哩儞鉢囉婆(じゃりにはらば)」と記される。文殊菩薩の福徳を司り、大悲の網を張ってあらゆる人々を救うという仏尊。金剛界曼荼羅の檀外の西方(上側)の4尊のうち北(右)から二番目に配される。また胎蔵界曼荼羅では文殊院の北(左)第一位に配される。

この項目のリッチレイアウト

網明菩薩(もうみょうぼさつ)

ソーシャルリンク