モロク

Moloch

地域・カテゴリ

説明

ヨルダン川東岸に住んでいたアンモン人の信仰していた神。「モレク(Molech)」とも呼ばれる。モロクは生贄を要求する神であり、多くのイスラエルの民がモロクのために子供を炎の中に投じて生贄にしたと考えられている(モロクという名称は神の名前ではなく、生贄の儀式を刺す名前であるという説もある)。生贄の子供たちはエルサレムの近くのトペテという場所のヒノムの谷で焼かれた。ここは生贄を行うために作られた場所だった。モロクとはカルタゴの神バール・ハモンのことではないかとする研究もある。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

モロク

ソーシャルリンク