目目連

もくもくれん

地域・カテゴリ

説明

日本の付喪神の一種、或いは妖怪。鳥山石燕の「今昔百鬼拾遺」に描かれたもの。誰も住まなくなった荒れ果てた空家の破れ障子に、まるで部屋の内部を覗くように無数の目が張り付いたもの。石燕は障子に無数の目が現れた様を、碁盤に置かれた碁石になぞらえ、碁打ちが碁盤に注いだ視線が変化して目目連になったとしている。石燕以前に目目連の話は見つからないため、石燕の創作である可能性が高い。山田野理夫の「東北会談の旅」にも目目連の話が出てくるが、これは名前を当てはめただけと思われる。それによれば、ずっと昔にけちな材木商が、お金をけちって汚い空家に泊まったところ目目連が出現したが、材木商は恐れるどころかこの目を集めて持ち帰り、目医者に売り飛ばしたという。

画像一覧

目目連(もくもくれん)

1805
鳥山石燕著
「今昔百鬼拾遺(雨)(こんじゃくひゃっきしゅうい・あめ)」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

煙霞跡なくしてむかしたれか栖し家のすみずみに目を多くもちしは/碁打のすみし跡ならんか

キーワード

この項目のリッチレイアウト

目目連

ソーシャルリンク