道之長乳歯神

みちのながちはのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する神の一柱で道中の安全を司るとされる神。古事記には「道之長乳歯神」、日本書紀には「長道磐神(ながちはのかみ)」の名で見える。また「道之長乳磐命(みちのながちはのみこと)」、「道之長乳磐神(みちのながちはのかみ)」とも呼ばれる。黄泉の国から逃げ帰った伊邪那岐命が、身を清めようと禊をした時に化生した神の一柱で、伊邪那岐命が投げ捨てた帯から生まれ出でたという。神名の「ナガチ」とは「長道」のことで、帯を道に例えたものであると考えられる。続く「ハ」は語義は明らかでないが、「母」の意ととれば女神であることを表すものかもしれない。

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社
  • 20古事記 祝詞 日本古典文学大系1
    • 発行者:岩波雄二郎
    • 発行所:株式会社岩波書店
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店

この項目のリッチレイアウト

道之長乳歯神

ソーシャルリンク