道之長乳歯神

みちのながちはのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話の神。古事記には「道之長乳歯神」、日本書紀には「長道磐神(ながちはのかみ)」の名で見える。黄泉の国から逃げ帰った伊邪那岐命が、身を清めようと禊をした時に化生した神の一人で、伊邪那岐命が投げ捨てた帯から生まれ出でたという。神名の由来については定かではないが、おそらく帯から連想される道の長さを象徴する神であり、道を司る神と考えられる。

この項目のリッチレイアウト

道之長乳歯神

ソーシャルリンク