蓑虫

みのむし

地域・カテゴリ

説明

秋田県、新潟県、福井県などに伝わる蓑火に似た怪火。信濃川流域に多く出現するとされる。雨の降る晩に夜道や船の上で着ている蓑に蛍のような火が纏わりつくもので、蓑に限らず傘や衣服にもつくとされるが、蓑火と同じく慌てて払い落とそうとしたりするとかえって勢いを増すという。複数人でいる時でも一人にしか見えてない場合があり、これを「蓑虫に憑かれた」という。また逆にその場にいる全員に蓑虫が憑く場合もある。いずれにしても蓑虫の火は物を燃やさないし熱くもならない。マッチなどで普通の火をつけるか、慌てずじっとしていれば蓑虫の火は消えるとされる。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

蓑虫

ソーシャルリンク