御倉板挙之神

みくらたなのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する神の一柱。「古事記」のみ名前がみえる。名前は「倉の棚の上に存在する神」を意味する。天照大御神伊邪那岐命から高天原(たかまがはら)の統治を委任した際に、伊邪那岐命が首飾りとしていた玉を賜ったが、御倉板挙之神はこの玉につけられた神名である。

この項目のリッチレイアウト

御倉板挙之神

ソーシャルリンク