甕速日神

みかはやひのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話における、刀剣と雷、或いは雷によっておこる火を象徴する神。「甕速日命(みかはやひのみこと)」とも呼ばれる。名前の「ミカ」は「ミイカ」の略でミは御、イカは厳(=いかめしい)の意、「ハヤヒ」の「ハヤ」は美称、「ヒ」は霊威を示し、総じて神々しく厳しく霊力のある神の意と考えられる。伊邪那岐命伊邪那美命の死の原因となった火之迦具土神を刀で斬った時の血から生まれたとされる。また日本書紀の一書では稜威雄走神(→伊都尾羽張神)の子とされるが、これは稜威雄走神がこの時の使われた刀の神名だからである。樋速日神建御雷之男神の親ともされる。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

甕速日神

ソーシャルリンク