正鹿山津見神

まさかやまつみのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する山神。「古事記」では「正鹿山津見神」、「日本書紀」では「正勝山祗(まさかやまつみ)」と記される。伊邪那岐命火之迦具土神を斬ったときに火之迦具土神の体の一部から生じた神の一柱とされる(古事記では頭から、日本書紀では腰から)。「マサカ」は「真坂」と考えれば、腰は斜めに細くなっているのでこの字をあてたと考えられ、この説をとれば、山腹の下の部分(「山腰」などという)を司る山の神と考えられる。

この項目のリッチレイアウト

正鹿山津見神

ソーシャルリンク