マンティコレ

Manticore

地域・カテゴリ

説明

ヨーロッパにおける空想上の混成生物の一つ。「マンティコア(Manticore)」、「マルティコラ(Martikhora)」、「マンティコラ(Manticora)」、「マンティコラス(Manticoras)」、「マンティコリ(Manticory)」、「マンティセラ(Mantiserra)」、「マンコモリオン(Mancomorion)」、「メメコレオウス(Memecoleous)」、「サテュラル(Satyral)」などの別称がある。中世ヨーロッパの伝承に登場する怪物で、名前は「人殺し」を意味する「マルドホーラ(Mardkhola)」からきていると考えられている。体はライオンのものだが頭は猿か人間のようで赤い顔に青い目と三列に生え揃った歯を持っている。尾の先端は針か銛のように尖っていて、実際尾から針を放って人を殺したとされる。体に鱗が生えていたり、翼を持っていたりする場合もある。また鱗におおわれた女性の姿でも描かれる。

画像一覧

マンティコラ(Mantichora)

1340-1350
ヤーコブ・ファン・マールラント(Jacob van Maerlant)著
「自然の魅力(Der naturen bloeme)」より
オランダ国立図書館(National Library of the Netherlands)蔵
Copyright: public domain

関連項目

キーワード

参考文献

  • 10シリーズファンタジー百科
    世界の怪物・神獣辞典
    • 著者:キャロル=ローズ
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房

この項目のリッチレイアウト

マンティコレ

ソーシャルリンク