摩虎羅大将(まこらたいしょう)

Mahoraga

地域・カテゴリ

説明

仏教において夜叉の頭領の一人であり、薬師如来の眷属である十二神将の一人。サンスクリット名を「マホーラガ(Mahoraga)」といい、「摩休羅(まくら)」、「摩睺羅(まごら)」とも訳される。また「マホーラガ(mahoraga)」は「偉大な(=mahā)蛇(=uraga)」を意味し、他にも天竜八部の一衆として「摩睺羅伽(まごらか)」の名で仏教に取り入れられている。七億からなる夜叉衆を率いる頭領であり、大威徳明王を本地とし十二支のうち申ないし卯の神とされる。

画像一覧

摩虎羅大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

青色の身色で天衣と甲冑を身に着け若干忿怒形。髪が赤色で逆立ち、頭上に猿首を戴き両手は合掌する。

摩虎羅大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

兎冠を戴き右手を拳にして腰に当て、左手に斧を持つ。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

摩虎羅大将(まこらたいしょう)

ソーシャルリンク