倶生神

くしょうじん

地域・カテゴリ

説明

インド神話に基づく仏教の神。「くじょうじん」、「ぐしょうじん」とも読む。人が生まれた時から、その左右の肩の上にいて、その人の善悪の所行を全て記録するという「同名(どうみょう)」、「同生(どうしょう)」の二神。また、これを男女の二神とし、男神は同名といい、左肩にあって善行を記し、女神は同生といい、右肩にあって悪行を記し、死後、閻魔(えんま)王による断罪の資料とするという(逆の説もある)。また、閻魔王の側で罪人を訊問し罪状を記録する神を倶生神とする場合もある。

参考文献

  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

倶生神

ソーシャルリンク