国生神

くなりのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本神道における神で「国土に生まれ出でる神」、あるいは「国を生む神」の意。「延喜式」には「国生」を冠する神社が五社記されているが(狭田国生神社、坂手国生神社、川原坐国生神社、大間国生神社、国生神社)、祭神は一致せず特定の神ではない可能性が強く、「国魂神(くにたまのかみ)」と同じくそれぞれの土地の神に対する美称と考えられる。

「水佐佐良比女命(みずささらひめのみこと)」、「水佐佐良比古命(みずささらひこのみこと)」、「宇治比売命(うじひめのみこと)」、「田村比売命(たむらひめのみこと)」、「大国玉命(おおくにたまのみこと)」、「荒前比売命 (あらさきひめのみこと)」は国生神の子神とされる。

参考文献

  • 59神道大辞典
    • 監修:下中弥三郎
    • 発行者:下中弥三郎
    • 発行所:平凡社

この項目のリッチレイアウト

国生神

ソーシャルリンク