コヨルシャウキ

Coyolxauhqui

地域・カテゴリ

説明

アステカにおいて月を司る女神。語義は「黄金の鈴」。コアトリクエミシュコアトル、或いはオメシワトルオメテクートリの子とされ、センツォンウィツナワックセンツォンミミスコアとは兄弟姉妹にあたる。母親は末子であるウィツィロポチトリを天から落ちてきた「羽のボールの魔力」によって妊娠した(つまり、性交なしで身篭った)。これを父親に対する不義と感じたセンツォンウィツナワックとセンツォンミミスコアは母親殺しを企てる。これを知ったコヨルシャウキは事前に母に知らせようと母親に近づいたが、その時母親を守るため完全武装で生まれたウィツィロポチトリによって殺されてしまう。自分の間違いを後から母親に知らされたウィツィロポチトリは、姉コヨルシャウキの頭を空に向かって放り投げて月とすることによって報いたという。

コヨルシャウキは「黄金の鈴」という名前のとおりに頬や帽子に鈴の装飾をつけた姿で描かれる。またウィツィロポチトリによる殺害を示すような、体がバラバラに切断された状態でウィツィロポチトリを彫刻した石版がテノチティトランで発見されている。

画像一覧

コヨルシャウキの石像

メキシコ国立人類学博物館所蔵
At Museo Nacional de Antropologia
Copyright: Kazuki Mutoh

キーワード

この項目のリッチレイアウト

コヨルシャウキ

ソーシャルリンク