香象菩薩(こうぞうぼさつ)

Gandhahastin

地域・カテゴリ

説明

仏教において菩薩の一尊で賢劫十六大菩薩の一。サンスクリット名を「ガンダハスティン(Gandhahastin)="香りの象"の意」といい、「香象菩薩」と訳す。また音写により「乾陀呵昼菩薩(けんだかちゅうぼさつ)」、「乾陀訶提菩薩(けんだかでいぼさつ)」、「巘馱賀悉底(げんだがしち)」とも呼ばれる。象の様な絶大な力で衆生を涅槃へと運ぶ菩薩だとされる。金剛界曼荼羅の檀外の南方(左側)の4尊のうち東(下)から一番目に配される。胎蔵界曼荼羅に配される大力金剛菩薩と同尊とされる。

この項目のリッチレイアウト

香象菩薩(こうぞうぼさつ)

ソーシャルリンク