黄帝(こうてい)

Huáng-dì

地域・カテゴリ

説明

中国神話における最高神で中央の天帝。司馬遷の「史記」において五帝(三皇五帝)の一番最初の神。「軒轅(けんえん)」とも呼ばれる。一説では、五行思想で中央の色を黄色とすることから、当時多くあった神々の系譜の中で黄帝が選ばれ、彼を中心とした神の系譜が作られたとされる。様々な技術を発明した職業世界の守護者であり、中国医学の古典とされる「黄帝内経」を書き中国医学を創始したとされる。黄帝は母の名を附宝といい、神農とは異父兄弟であり、それぞれ天下を二分して支配していた。だが神農が道理を外れたことをしたため戦いが起こり、ついには神農やその子孫の蚩尤を倒して天帝になったという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

黄帝(こうてい)

ソーシャルリンク