光聚仏頂(こうじゅぶっちょう)

Tejorāśi-cakravartin

地域・カテゴリ

説明

仏教において仏陀の頭頂の功徳を仏尊とした仏頂尊の一尊で五仏頂および八仏頂の一。サンスクリット名は「テージョーラーシチャクラヴァルティン(Tejorāśi-cakravartin)」ないし「テージョーラーシィウシュニーシャ(Tejorāsyuṣṇīṣa)」といい、「テージョーラーシ」には「沢山の輝き」、「光彩の集まり」、「チャクラヴァルティ」は「障害なく転がる(輪)」、「君臨し続ける」などの意味がある。このことから「光聚仏頂」という名のほか、「火聚仏頂(かじゅぶっちょう)」、「放光仏頂(ほうこうぶっちょう)」、「火光仏頂(かこうぶっちょう)」、「光聚仏頂輪王(こうじゅぶっちょうりんのう)」などの名前でも呼ばれる。また「帝儒囉施鄔瑟抳灑(ていじゅらしうしゅにしゃ)」と音写される。仏光をもって一切衆生を攝聚する徳を司るという。胎蔵界曼荼羅において釈迦院下段左側四列目に配される。尊容は現図では黄色の身色で、左手で宝珠の乗った蓮を持ち、右手は薬指と小指を曲げ胸に当て赤蓮華に坐す。

密号は「神通金剛(じんつうこんごう)」、種字は「श्रूं(śrūṃ)」、印相は小指と薬指を手の平の中で合わせ合掌し、中指を人差し指の背に乗せたもの。真言は「曩莫三滿多沒馱喃怛陵帝儒囉施鄔瑟抳灑娑婆賀(のうまくさんまんたぼだなんちりんていじゅらしうしゅにしゃそわか)」、三昧耶形は仏頂印。

この項目のリッチレイアウト

光聚仏頂(こうじゅぶっちょう)

ソーシャルリンク